バングラデシュ連絡船の沈没の原因は?乗客に邦人(日本人)は?

a1180_013864

 

バングラデシュで連絡船が沈没!!

 

 

2014年5月15日にバングラデシュのメグナ川で、連絡船が沈没したとのことです。

 

 

船には200~350人が乗っていたとみられるが正確な乗船者数は不明だそうです。

 

 

今のところ6人が死亡した他、数百人が行方不明となっている。

 

 

乗客に日本人がいたかどうかはまだわかっていないようです。

 

 

原因についても詳しいことはわかってませんが、事故当時は天候が悪かったので、

 

 

それが関係している可能性が高そうですね。

 

 

バングラデシュでは2012年にもフェリーの沈没事故が起こっています。

 

 

下記は当時の詳細です。

 

 

【3月13日 AFP】バングラデシュのメグナ(Meghna)川で13日午前2時半ごろ、2階建てのフェリー「Shariatpur 1」号が別の船舶と衝突して沈没し、これまでに26人が死亡、100人以上が行方不明になっている。また、乗っていた35人の生存が確認された。当局高官が語った。

スポンサーリンク

事故があったのは首都ダッカ(Dhaka)から40キロ南東の地区。地元警察副所長のタリクル・イスラム(Tariqul Islam)氏は、AFPの電話取材に「沈没した船舶から女性5人と子供2人を含む26人の遺体を収容した」と述べ、死者数は増加する見通しだと語った。

また、内水輸送当局高官のマハブブル・アロム(Mahbubul Alam)氏は、1991年に建造された同フェリーは衝突後すぐに沈没したとみられると述べた。「救助された乗客に話を聞いたところ、船舶は大きな音をたてて衝突後数分で沈没したため、乗客の大半は泳いで避難することができなかったということだ」

警察によると、事故後すぐに通りかかったフェリーに乗客35人が救助された。救助されたある男性は地元メディアに対し、親族8人が行方不明だと語った。男性によると、事故当時ほとんどの乗客は就寝中だった。(c)AFP/Shafiq Alam.

引用 : http://www.afpbb.com/articles/-/2865085?utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Thu_p1

 

 

韓国の旅客船沈没事故があった以来、沈没事故というものを無意識に気にかかっているのか、

 

 

外国とはいえ、気になってしまって今回記事を書きました。

 

 

今後詳細がわかりましたら記事を書きますね。

 

 

ひとりでも多くの命が助かってほしいですね。

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です