ジャグラバク(軍隊アリ)でシロアリ退治?カメルーン式駆除とは?

b85a1713

カメルーンではグンタイアリで白アリを駆除する部族がいる!!

 

シロアリといえばおれたち日本人にはなじみのあるアリの一種だが、

 

 

歓迎している人は多くないだろう。

 

 

シロアリと聞けば、家を食い尽くして、ボロボロにしてしまう害虫という認識でしょう。

 

スポンサーリンク

この厄介者のシロアリくんは日本だけでなく、世界中で悪さをしているが、

 

 

(シロアリも生きるので必死と思うけど)

 

 

日本から遠く離れたアフリカの国「カメルーン」でも日々悪事を働いているのだという。

 

 

ただ日本の場合とはちょっと違って、家をボロボロにするわけではなく、

 

 

穀物貯蔵庫などに保管している食料を食べてしまうのだそうだ。

 

 

日本だと殺虫スプレーや害虫駆除の業者がいるので、

 

 

さっさと問題は解決してしまうのだが、カメルーンの山岳地帯となれば状況は違う。

 

 

この山岳地帯に住む部族の人々は驚きのシロアリ退治をしているのです。

 

 

それは「ジャグラバク」というものを使った駆除のやり方です。

 

 

ジャグラバクってなんやねん!?

 

 

ジャグラバクとは軍隊アリ(グンタイアリ)の一種で、シロアリも体は小さいですが、

 

 

チームワークは抜群です!

 

 

このジャグラバクを使って、部族の人はシロアリを退治するのです。

 

 

つまり、アリでアリをやっつけるということになります。

 

 

ジャグラバクはグンタイアリの一種なので、体は小さいですが、

 

 

軍隊のごとく敵を包囲して、集団で自分より大きい相手をやっつけるのです!

 

 

タイマンでは勝てないので、集団でやっちまおう!というわけです。

 

 

軍隊アリに限らず、アリは常に群れているというイメージがおれにはありますが、

 

 

相手の数を上回ってなんぼなんでしょう。

 

 

 

 

カメルーンの部族の人は「赤い土」を使ってパワーアップさせるみたいですが、

 

 

効果は本当にあるんでしょうかね??

 

 

詳しくは知りませんが、自然に対して自然で返すというなんだか地球の生き物らしい解決方法ですよね。

 

 

日本は便利にはなったけど、自然というものが遠ざかっていっている気がしてならない今日この頃です。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です