クラインガルテンで老後は田舎で年金暮らし!?【自分で野菜を栽培】

a0002_008076

クラインガルテンで田舎暮らし気分を味わおう!!

 

 

あなたは「クラインガルテン」というものを聞いたことがありますか?

 

 

最近話題になることがあり、どこかで名前くらいは聞いたことくらいはあるかもしれませんが、

 

 

初めて聞く人や、名前を知っているだけでよく知らないという人のために、

 

 

簡単にクラインガルテンというものを説明したいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

 

クラインガルテンとは??

 

 

クラインガルテンとはドイツで盛んにおこなわれている農地の賃借制度のことです。

 

 

クラインガルテン運動を広めたシュレーバー博士にちなんで「シュレーバーガルテン」とも呼ばれていたりします。

 

 

日本語に訳すると「小さな庭」であるが、「市民農園」とも言われている。クラインガルテンは『クラインガルテン協会』が管理し、希望者は協会員になって区画を借りる。ドイツで最初のクラインガルテン協会は1814年、北部の街カペルン(Kappeln)。その後1864年ライプツィヒで最初の『シュレーバーガルテン協会(クラインガルテン協会)』が作られ、ドイツ各地に広まった。その後1919年に利用者の権利を保護する法律が定められ,国の制度の中に取り入れられた。

利用者の数は50万人を超える。大小の差は大きいが、平均面積は100坪(野球のグラウンドぐらい)程であり賃借期間は30年。野菜や果樹、草花が育てられ、ラウベ(laube)とよばれる小さな小屋が併設されている。ほかに、池を掘り、庭園のようにしている例もある。個々のクラインガルテンは分散しているわけではなく、ある程度ひとまとまりになっており、大きな緑地帯を形成している。例えるならば、日本の墓地公園において墓石の代わりに小屋が置かれ、そこで家庭菜園が行われているといえば、イメージしやすいだろう。

老後の生き甲斐や余暇の楽しみの創出という役割だけでなく、都市部での緑地保全や子ども達への豊かな自然教育の場として大きな役割を果たしている。日本においても、長野県東筑摩郡四賀村(現松本市)において、1993年(平成5年)に坊主山クラインガルテンを設置し、多くの利用者を迎えているほか、八千代市などで類似施設を作る動きが広まっている。

引用 : Wikipedia

 

 

このクラインガルテンの魅力は、広い畑を安価で借りることができ、

 

 

さらに住むところまで提供してくれるということです。

 

 

自分で作った野菜を食べることによって、食費も抑えられるというメリットもあります。

 

 

気になるお値段なんですが、年間40万円~70万円くらいと非常にリーズナブルで、

 

 

年金生活しているお年寄りにとっても無理なく生活できるようになっています。

 

 

山梨県や長野県をはじめ、今では全国あちこちにクラインガルテンがあるので、

 

 

老後に田舎暮らししたいと憧れていた人たちに人気があるようです。

 

 

 

 

 

クラインガルテンの利用条件やルール

 

 

クラインガルテンには独自のルールなどがありますが、

 

 

これは施設によっても違いがあると思いますので、

 

 

詳しいルールや条件については各施設に問い合わせてください。

 

 

下記は利用条件やルールの例です。

 

 

・年間一定期間の宿泊が出来る人で、家族やグループで申し込むこと。
・1年契約が基本ですが、延長もできます。
・光熱費や水道代は自己負担。
・住民票は移せない。
・作る作物は規制されている。
・化学肥料や農薬の使用には規制がある。
・講習会や交流会などには原則参加する。
・ペットを持ち込めないところもある。

 

 

などがあります。

 

 

まとめ

 

 

都会の生活に疲れ切ってしまった人や、老後は年金で細々と田舎暮らしを考えている人にとっては、

 

 

このクラインガルテンを利用してみるのも良いかと思います。

 

 

おれもどちらかといえば半自給自足的な生活に憧れていたりするので、

 

 

クラインガルテンに興味があります。

 

 

自分で作った野菜を自分で食べる楽しさをあじわえること間違いなさそうですよね。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

 

クラインガルテンに興味がある人はFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です