脂肪燃焼は休憩をしたほうが効果的!?運動でカロリー消費の新事実!【ダイエット】

a0001_009104

 

運動の途中で休んだ方が脂肪燃焼が効率が良い!?

 

 

夏も近づき、そろそろ本気でダイエットを考えている人も少なくないはず。

 

 

しかし、ダイエットといえば、辛いものであり、忍耐力や我慢が必要になってきますよね。

 

 

少しでも楽をして痩せたいと思っているあなたは考えがあまいのかもしれませんが、

 

 

これはダイエットに挑戦する多くの人が思っていることだと思います。

 

 

また、いかに効率よくダイエットするかで、成功と失敗に大きな差が生じるといっても過言ではありません。

 

 

同じ一時間の運動で、100g痩せるのと、1㎏痩せるとの違いでは、

 

 

圧倒的に後者の方が効率が良いといえます。

 

 

前者の場合だと10時間運動しないと1㎏痩せることができませんので、

 

 

効率が悪く、10時間という長い時間運動するのは辛いですよね。

 

 

そのため、ダイエットに挫折することとなり、失敗におわってしまいかねません。

 

 

そうならないためにも効率の良いダイエットをするほうが、

 

 

長続きもしますし、ダイエットに成功する確率も高くなります。

 

 

ではどういったダイエットが効率がいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

一般的には水泳やジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動が脂肪の燃焼には効果的と言われています。

 

 

有酸素運動が脂肪の燃焼には効果的と言われています。
これは紛れもない事実です。

ではどういう仕組みで脂肪は燃焼するのでしょうか?

ちょっと難しい話になりますが、気楽に読んでください。

脂肪を分解するためには脂肪分解酵素「リパーゼ」という酵素が必要です。

人間はエネルギーが必要になった場合、
・筋肉に蓄えられている「グリコーゲン」
・肝臓で作られた血液中の「ブドウ糖」
が使われます。

ここでさらにエネルギーが必要になった場合、
・脂肪分解酵素「リパーゼ」が脂肪細胞を「脂肪酸」と「グリセリン」に分解
といった作業に移ります。

この「リパーゼ」によって分解された「脂肪酸」は血液中に溶け込み「遊離脂肪酸」となります。この「遊離脂肪酸」は筋肉に運ばれ、筋肉の「ミトコンドリア」が、「遊離脂肪酸」と「酸素」に着火し、脂肪燃焼となります。

重要なことは、「さらにエネルギーが必要」となる要因がなければ、脂肪燃焼しないという点です。

効率的に体をこの状態に持っていくのに適した運動が、有酸素運動なのです。

引用 : http://www.hanamoku.com/diet/index1-2.html

 

 

 

脂肪を燃焼するには有酸素運動が効率が良いということですが、

 

 

その有酸素運動を更に効率良くする方法が最近の研究でわかってきました。

 

 

それは「休憩」をとるということです。

 

 

例えば、60分の運動を連続で行った場合と、同じ内容の運動を休憩を挟みながらトータルで60分行った場合では、

 

 

運動で消費したエネルギーは同じだが、後者の方が運動後に消費されるエネルギーが増大し、

 

 

酸素摂取量が増え、脂肪の代謝が促進それるというわけです。

 

 

つまり、途中に休憩を挟んだ方が脂肪燃焼には効率が良いといえます。

 

 

もちろん、休憩ばかりでぜんぜん運動しなくなると意味がないので、

 

 

休憩するタイミングや時間をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

 

 

夏までにどうしても痩せたいというのであれば、こうした効率の良い脂肪燃焼を実践してみてはどうでしょうか?

 

 

更に効率良くダイエットするならこちらがおすすめ → 日常生活の少しの動きで脂肪燃焼ダイエット!【エゴマ燃焼美人】

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

関連記事 >> 体幹トレーニングのやり方と方法とは?腰痛やダイエットに効果的!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です