デート商法に騙されたり引っかかる女性の特徴!詐欺の被害額や手口は?

a0011_000231

 

デート商法の被害にあう女性が急増?なぜ騙されるのか?

 

 

あなたは「デート商法」という言葉を聞いたことはありますか?

 

 

最近、話題になったりもしているので、名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

 

結婚詐欺や振り込め詐欺などに比べると、認知度は低いかもしれませんが、

 

 

この「デート商法」の被害にあう人が急増しているみたいです。

 

スポンサーリンク

 

デート商法とは?

 

 

デート商法という言葉を初めて聞いたかもしれませんが、

 

 

なんとなくイメージはできるんじゃないでしょうか?

 

 

デートをして、相手に好意を抱かせ、商品を売るという商法なのですが、

 

 

こう聞くと、モテない男性が、かわいい(美人)女性に騙されると思いがちですが、

 

 

実は、最近女性のほうが被害にあっているのだそうです。

 

 

なぜ、女性が騙されてしまうのでしょうか?

 

 

 

デート商法の手口とは!?

 

出会い系サイト、お見合いパーティー、合コン(コンパ)、電話、街角のアンケート、電子メールなどでの出会いをきっかけとして、異性の販売員が身分を秘匿して接近してくる。販売員は、相手と何回か会って話やデートをして相手に感情移入させた後、商品をねだって、業者の販売店に誘いこんで購入させる。中には店内の販売員数人で取り囲んだり、脅した末に、強引に購入させる手口もある。

また、販売員が異性であることが、心理的にクーリングオフの行使をためらわせる効果があるともいわれている。また、商品が購入したあとも自分が詐欺にあっているとの自覚がなく、友人等に話した時に初めて詐欺と気が付くケースが多いのも特徴の一つである。それを防止するために、「2人だけの秘密」などそれらしい文句を言うことでクーリングオフの期間を経過させる手口もある。

引用 : Wikipedia

 

商品を買ってもらうためには、ターゲットとデートや電話を繰り返し、

 

 

相手に好意を持ってもらってもらうのが原則となります。

 

 

(中には脅しなどで強引に買わせようとすることも)

 

 

そのためには、まずターゲットを探し、接触しないといけません。

 

 

具体的に、どのようにアプローチをかけるかというと、

 

 

ネットが普及している世の中なので、「出会い系サイト」を使ってのアプローチが多いです。

 

 

もちろん、街中で声をかけられたり、家に電話がかかってくる場合もありますが。

 

 

そして、メールや会話などで親しくなり、相手を徐々に惚れさせていくのです。

 

 

多くの人は、恋人や好きな人にはどうしても甘くなってしまったり、

 

 

嫌われたくない気持ちや、相手にもっと好きになってほしいという願望があります。

 

 

この気持ちに付け込んで、高額な商品を買わすのが手口です。

 

 

 

騙されやすい人の特徴とは!?

 

 

あなたは自分は大丈夫と思っているかもしれませんが、デート商法に限らず、詐欺全般にいえるのが、

 

 

「自分は大丈夫」と思っている人が、実は引っかかる傾向にあります。

 

 

逆に騙されやすいという人は、人一倍に警戒するので、引っかかりにくかったします。

 

 

(何度も何度も引っかかる人もいますが・・・)

 

 

自分は大丈夫と思っている人や、自分にかぎって騙されることはないと思い込んでいる人は、

 

 

無意識のうちに警戒がとかれ、知らず知らずに隙を作ってしまい、気づいたら騙されいたなんてことも。

 

 

逆に引っかかりにくい人というのは、今の自分の生活に満足しており、日々充実しているという人たちです。

 

 

仕事や恋人などにも、不満なく生きているということです。

 

 

しかし、こういった人というのは極わずかだと思います。

 

 

多くの人は仕事での残業や、人間関係などのストレスをかかえ、早く結婚したいのに相手がいない・・・

 

 

など、満たされてない生活を送っているのです。

 

 

そんな状況で、支えとなってくれる恋人ができたら、今度は手放すことができなくなってしまうのです。

 

 

年齢的な面で結婚を急いでいる人にとっては尚更です。

 

 

「これがラストチャンス」「この人は絶対にに離さない」

 

 

と思っている人にとっては、相手からのお願いや、甘えに対して、嫌われたくないという思いから、

 

 

素直に受け入れてしまうのです。

 

 

 

ジュエリーやマンションなどの不動産をおねだりされる?

 

 

デート商法とは最終的に高額な商品を買わせることが目的なのですが、

 

 

いったいどんなものをどのように買わせるのでしょうか?

 

 

宝石やアクセサリーのジュエリーが王道のようですが、相手にプレゼントしてほしいというストレートなお願いや、

 

 

「今、この宝石の採掘量が減少しているから、今のうちに買っておけば、後で何倍もの値段で売れる」

 

 

など、金儲けになることをアピールする場合もあります。(絵画や骨とう品の場合もあるようです)

 

 

値段も数十万円と安くないので、ローンなどを組ませるのがほとんどのようです。

 

 

中には、宝石を数個で600万円以上もの被害にあった人もいるようです。

 

 

そして、最近多いのがマンションなどの不動産を購入させるというものです。

 

 

宝石なども高額ですが、不動産となると何千万の世界です。

 

 

不動産に関しても、相手からお願いされたり、空室でも家賃保証があるから儲かるなどの甘い言葉で購入させるようです。

 

 

「絶対儲かる」などの言葉には気をつけましょう。

 

 

 

最後に

 

 

もし途中で何かおかしいと思ったら誰かに必ず相談してください。

 

 

何かの購入をお願いされたら、その場では買わずに冷静に考えることが大事です。

 

 

相手もあなたを騙すことによって、それなりの報酬が手に入るはずなので、相手もあなたを騙すことに全力を尽くしてきます。

 

 

もし、騙されてもクーリングオフや警察に相談するなどの行動を起こしてください。

 

 

一人でも多く、被害にあわないことを願います。

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

一人でも多く被害を減らすためにFacebookTwitterでの共有お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です