バンブーダンス(動画)というフィリピンの曲と衣装が印象的な踊り!【YouTube】

a0006_001666

スポンサーリンク

 

フィリピンの竹を使った踊り「バンブーダンス」とは!?

 

 

ここ日本にも阿波踊りやソーラン節など、古くから伝わる独自の「踊り」というものがありますが、

 

 

フィリピンにも「バンブーダンス」という竹を使った珍しい踊りがあることを知っていますか?

 

 

今回はこのバンブーダンスについてお話したいと思います。

 

 

 

フィリピンのバンブーダンスとはどんな踊り!?

 

 

バンブーダンスとは、二本の竹をしゃがんで左右の手で持ち、その竹を三拍子のリズムで動かし、

 

 

その動く竹をタイミングよくかわしていく踊りなのです。

 

 

文字で説明しても伝わりにくいと思いますので、実際に踊っている下記の動画を見てみてください。

 

 

 

 

 

これがバンブーダンスというものです。

 

 

曲やダンスも独特で、フィリピンならではという感じですが、

 

 

実はインドやタイ、台湾などにも似たような踊りがあるそうです。

 

 

国や地域で少しずつ違うみたいで、フィリピンのレイテ島では「Tinikling(ティニクリン)」と呼ばれていたり、

 

 

ミンダナオ島のマラナオ族の場合は、4本の竹を交差して使う「Singkil(シンキル)」というものがあります。

 

 

シンキルは4本の竹を使いますので、難易度も更にアップしているでしょう。(下記の動画)

 

 

 

 

なんなりとやってのけていますが、見た目以上に難しいでしょう。

 

 

以前フィリピンに足を運んだことがあるのですが、そのときはバンブーダンスの存在を知らなかったので、

 

 

現地では見ていませんが、次回フィリピンに行ったときには、一度見てみようと思います。

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です