佐伯チズは過去に夫の骨を食べたり左手中指切断!?【旦那が他界で精神錯乱状態】

images

 

爆報!THEフライデーで佐伯チズ(さえき ちず)が過去に引きこもりや自殺未遂をしていたことを暴露!!

 

 

佐伯チズさんといえば、その肌の白さと美しさで定評がありますよね。

 

 

とても70歳を越えているようには見えないほどです。

 

 

しかし、そんな佐伯チズさんですが、見かけとは裏腹に、「暗い過去」があったそうです。

 

スポンサーリンク

 

佐伯チズのプロフィールと経歴

 

 

名前 : 佐伯チズ (さえき ちず)

 

生年月日 : 1943年6月23日

 

出身 : 滋賀県

 

血液型 : AB型

 

職業 : 美容アドバイザー

 

 

1962年、成安女子高校(現・京都産業大学附属高等学校)卒業。

1967年にゲランに入社、1982年にパルファン・クリスチャン・ディオールのインターナショナルトレーニングマネージャーに就任。

2003年に定年退職した後、「アトリエ・サエキ144」を主宰、エステティックサロン「サロン・ドール・マ・ボーテ」を開業する。

2004年、東京・代々木で総合美容施設「ビューティータワー」をプロデュース、現役エステティシャンとして活動する一方、「美肌塾チャモロジースクール」を設立し、後進育成に力を注ぐ。

2008年、エステティックサロン「サロン ドール マ・ボーテ」と佐伯式美肌塾「チャモロジースクール」が東京・銀座ジュウェルボックスにてオープン。

引用 : Wikipedia

 

 

 

佐伯チズの壮絶な暗い過去

 

 

佐伯チズさんは5歳の時に、大人の事情で祖父に引き取られることになりました。

 

 

まだ幼かった彼女にとっては、この環境の変化がこれからの人生でも少なからず影響をあたえたと思われます。

 

 

「親に捨てられた」と心に深い傷をおい、日々寂しさと孤独と共に生きてきたのです。

 

 

そんな佐伯チズさんでしたが、24歳の時に幸せをつかむことになります。

 

 

女性にとって結婚というのは幸せの象徴みたいなものですが、佐伯チズさんにとっても例外ではなかったはず。

 

 

さらに、子供も授かることができて、まさに幸せの絶頂だったのですが、

 

 

その子供が残念なことに流産してしまったのです。

 

 

医師の話によると、佐伯チズさんの体では子供を産むことが非常に難しく、

 

 

子供を産むことは諦めしかなかったのです。

 

 

その後は旦那さんと生活をしてたわけですが、その旦那さんが肺ガンであることが発覚しました。

 

 

必死の看病もむなしく、旦那さんは奥さんを残し、他界してしまったのです。

 

 

子供がいなかった彼女にとっては、心の支えどころは旦那さんだったのでしょう。

 

 

夫の死をなかなか受け入れることができず、徐々に精神が不安定になっていきました。

 

 

外出することも減り、引きこもっている毎日を送っていたそうです。

 

 

自殺未遂をするほど、精神的に参っていたのでしょう。

 

 

あげくの果てには、夫と離れたくないという思いからか、

 

 

夫の遺骨を食べるという行為にまで至ってしまったということです。

 

 

「爆報!THEフライデー」というテレビ番組で詳細を話されるみたいなので、

 

 

気になる方はチェックしてみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です