やせうま(大分の郷土料理)の作り方とレシピ!【動画あり】

やせうま

 

大分の郷土料理「やせうま」とは!?

 

まいど!りょうちゃんです(^^)

 

 

僕は奈良県に住んでいるのですが、奈良といえば大仏や鹿といったイメージを持っている人も多いと思います。

 

 

しかし、奈良県に関しての名物料理や郷土料理といってもピンとこないのが現状ですよね・・・

 

 

大阪ですとたこ焼きやお好み焼きといった有名なものがありますが、奈良に関してはそういったものがないのが少し寂しい気もしますが、

 

 

今回紹介するのは大分県の郷土料理「やせうま」ですが、あまりピンとこない人もいると思いますので、

 

 

簡単にどんな食べ物か説明したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「やせうま」とはどんな食べ物!?

 

 

「やせうま」と聞いても、いったいどんな食べ物なのか、想像することも難しいと思いますが、

 

 

「痩せた馬」の肉の料理というわけではないですよ!w

 

 

Wikipediaには下記のように記されていました。

 

 

小麦粉で作った平たい麺をゆでたものにきな粉と砂糖をまぶした食べ物。形状は麺に分類されるが包丁は用いず、水で練った小麦粉(薄力粉であることが多い)の塊から指で引きちぎるように作る。麺類の系統からいえば、切らずに手で押し広げて作られた(はくたく)の系統に入る。やせうまと同じ麺を、野菜などとともに味噌仕立ての汁に入れたものがやはり大分県の郷土料理として有名なだんご汁である。

やせうまは一般におやつとして、そのまま、もしくは、冷やして食べる。大分県の一部地域では、お盆や七夕にやせうまを供える習慣があったり、学校給食でしばしば出されるほど地域に根付いた料理である。現在でも家庭で麺を作ることは多く、手で伸ばすが、スーパーや土産物屋などで売られている麺は製麺機で製造し、切り分けた「ほうとう」状であるものが多い。形状も材料も似るが、大分県では山梨県の「ほうとう」をおやつとして使うことは少ない。

素朴な庶民の食べ物として現在もよく食べられていて、別府市などで、店頭で食べさせる店も多い。

引用 : Wikipedia

 

 

汁物に入れればおかずにもなり、きな粉をまぶせばおやつにもなるようで、

 

 

感覚的には麺というより餅といったものに近いかもしれませんね。

 

 

大分県の人々に愛されていて、「やせうま保存会」という会もあるそうで、

 

 

500年続くやせうまの伝統を子供たちにも伝えていっているみたいです。

 

 

 

 

やせうまの作り方

 

【材料】

・強力粉    50g
・薄力粉    50g
・塩      小さじ1/3
・水      50~60cc
・きな粉    適量
・砂糖     適量

 

1.強力粉と薄力粉を混ぜて、塩を溶かした水を少しずつ加えていき、耳たぶくらいの硬さになるまでこねます。

 

2.生地を適度な大きさに切っていき、濡れ布巾をかぶせて30分くらい常温で寝かせておきます。

 

3.寝かせた生地を細長く平らに伸ばし、茹でます。浮き上がってきたら生地を引き上げ、冷水で冷やします。

 

4.水気をきって、お好みで砂糖やきな粉をまぶして完成です。

 

 

ご家庭でも簡単に作ることができるので、一度お試しあれ(^^)

 

 

お子さんも大喜びすること間違いなしです!!

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です