オーストラリア人老夫婦がカナダ旅行で薬物運び屋!?【麻薬密輸詐欺 2013年10月】

a1180_013403

 

悪徳旅行会社に騙されメタンフェタミン(覚醒剤)を密輸!?

 

 

麻薬を密輸するためなら、ありとあらゆる手段を使って、なんとしても密輸を成功させようとする組織ですが、

 

 

今回紹介するのは、なんとも手の込んだやり方で密輸をしようとした悪徳旅行会社の話です。

 

スポンサーリンク

カナダ旅行の懸賞キャンペーンに応募したオーストラリアの老夫婦

 

 

2013年の9月、オーストラリアのパースに暮らしているある老夫婦が、

 

 

ある旅行会社のキャンペーンの懸賞でカナダ旅行に見事に当選しました。

 

 

夫婦にとってはラッキーなことでしたが、このときはまだ後々とんでもないことに巻き込まれるなんて思ってもいなかったでしょう。

 

 

後日、二人の元にカナダのバンクーバーまでのチケットと、スーツケースが届きました。

 

 

そして10月に夫婦はパースからカナダのバンクーバーへ飛び立ちました。

 

 

バンクーバー空港のロビーには、二人を待っていた旅行会社(オースキャン・ツアーズ)の男性がおり、

 

 

二人のバンクーバー観光を案内しました。

 

 

旅行会社の人の親切な案内もあり、夫婦二人はとても満足のいくカナダ旅行になったのです。

 

 

楽しかった時間も過ぎ去り、二人がオーストラリアに帰国する日がやってきました。

 

 

当然のように旅行会社の男性は、二人を空港まで送り届けたのです。

 

 

飛行機の出発まで少し時間があったのですが、旅行会社の人は「荷物は我々が見ているので、時間まで買い物でも」と気のきいた台詞。

 

 

しかし、なにか心にひっかかったのか、二人はなにかあやしいと思ったのか、税関に出頭したのです。

 

 

すると、悪い予感は的中し、違法薬物のメタンフェタミン(覚せい剤)が見つかったのです!

 

 

それも3.5㎏(700万ドル相当)というとんでもない量のメタンフェタミンがでてきたのです。

 

 

犯人は無事に逮捕されたのですが、こういう場合、騙されたとはいえ、夫婦も逮捕される可能性もありましたが、

 

 

幸いなことに夫婦二人は捕まることはありませんでした。

 

 

 

 

もちろん麻薬の密輸は重罪です!!

 

 

見知らぬ人から荷物を預かるのは絶対にやめてください!

 

 

知らなかったでは済まない場合もあります!!

 

 

あるイギリス人女性は、バリ島に麻薬を密輸しようとして捕まり、死刑判決がくだりました。(詳しくは下記の動画より)

 

 

 

 

もう一度言います!知らない人から荷物は絶対に預からないでください!

 

 

気づかぬうちに運び屋にされてしまう可能性があります!!

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

少しでも悪質な密輸を減らすためにFacebookTwitterで拡散してもらえると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です