旭道山は母と絶縁状態の過去があった!?不仲の原因はスナック経営?【ナイナイアンサー】

kyokudozan

 

旭道山は幼少期から母親と仲が悪い関係だった!?

 

大相撲力士、衆議院議員として活躍し、現在はタレントや実業家として活動している旭道山さんですが、

 

 

一見、幸せや成功をつかんだように思われますが、苦労に満ちた暗い過去を背負っていたというのです。

 

スポンサーリンク

旭道山のプロフィール

 

名前 : 旭道山 和泰(きょくどうざん かずやす)

 

本名 : 波田 和泰(はた かずやす)

 

生年月日 : 1964年10月14日

 

出身 : 鹿児島県

 

職業 : タレント 実業家

 

身長体重 : 182㎝ 107㎏

 

旭道山さんと言えば、力士としても活躍されましたが、入幕当初は体重が100kgにも満たず、

 

 

細い体が印象的だった人も少なくはなかったと思いますが、

 

 

「南海のハブ」と呼ばれ、自分より体の大きい相手にもひるむことなく正面からぶつかっていく姿は圧巻でした。

 

 

その後は国会議員としても活躍し、自分の道を突き進んでいったのです。

 

 

そして2009年には東京の銀座に焼肉店「焼肉kyoku」を開店したのです。

 

 

 

住所 : 東京都中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル 6F

TEL : 03-6228-5129

営業時間 : 17:00~翌4:00(L.O.翌3:00)

定休日 : 大型連休のみ

 

 旭道山の過去に何があったのか!?

 

旭道山さんは少年時代から自分の母親と仲が良くなかったみたいですが、その原因となったものとは何なのでしょうか!?

 

 

旭道山さんの実家はスナックを営んでおり、お母さんは夜を中心に働いていたと思われます。

 

 

昼夜逆転した母と送る生活には、時間のずれだけではなく、心のずれも生じてしまったのではないのでしょうか?

 

 

現在に至るまでの苦労に満ちた半生を、9月2日放送の「解決!ナイナイアンサー」で告白するみたいなので、

 

 

気になる方は要チェックです!

 

 

番組予告動画はこちらから。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です