超能力者ローリーがモデルリンダ殺人事件を透視?嘘やヤラセ疑惑は?【トリハダ】

ローリー

アメリカの元チアリーダーリンダ・ソベック失踪事件に超能力者ローリー・マッコーリーが行方を透視した!?【本物?インチキ?】

 

9月15日放送の「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」は❝信じる?信じない?トリハダ!世界の超能力捜査3時間SP❞ということで、

 

 

超能力者の特集となっているようです。

 

 

超能力者のローリーさんは、今回はどのような事件の解決に協力したのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

ローリー・マッコーリーの超能力や透視は本物?インチキ?

 

1995年11月、アメリカのカリフォルニア州で起きた、プロフットボールチーム「レイダース」の元チアリーダーでモデルのリンダさんが行方不明になった事件に、

 

 

ローリーさんが事件を透視したようです。

 

 

これが本当なのか、嘘なのかが気になるところですが、

 

 

もし、ローリーさんの超能力透視が、やらせインチキではないのならすごいことですよね。

 

 

その事件とはいったいどんな事件だったのでしょうか!?

 

 

モデルリンダの殺人事件の犯人はカメラマンだった!?

 

1995年11月に、アメリカ、カリフォルニア州のサンガブリエル山脈の渓谷の近くで、

 

 

女性の遺体が掘り起こされました。

 

 

この女性とは、元人気チアリーダーでモデルのリンダ・ソベックさんだったのです。

 

 

リンダさんは少し前から行方不明になっており、失踪事件として警察は調査していたのですが、

 

 

なかなか手がかりを見つけることができず、事件は行き詰っていたのです。

 

 

一刻も早くリンダさんを見つけてほしいということで、

 

 

リンダさんの親友が超能力者のローリーさんに捜査の協力を求めたのです。

 

 

ローリーさんは事件のことを透視し、「リンダは森の中に埋められている」 と話しました。

 

 

このことで、事件は急展開し、事件解決へと導いていったらしいのです。

 

 

事件の犯人であるカメラマンのチャールズは逮捕され、仮釈放なしの終身刑が言い渡されました。

 

 

市橋達也容疑者を透視していた!?

 

実はローリーさんは以前にも日本のテレビにも出ており、その時は市橋達也容疑者を透視していたようですが、

 

 

その時にローリーさんが描いたスケッチには、ビル群や島、通天閣のようなタワーなどが描かれていましたが、

 

 

それらが事件や市橋容疑者に関連していたのです。

 

 

しかし、解釈によっては少し強引と感じるものもあり、ネット上などでは「インチキ」などという声も上がっていました。

 

 

まとめ

 

個人的には超能力や透視といったものを、信じていない人のほうが多いと思いますが、

 

 

それはおそらく自分自身で実感したことがないからでしょう。

 

 

僕も、超能力が本物だとするのであれば、是非実感してみたいものなのですが、

 

 

そういった機会は今後もやってこないかもしれません。

 

 

超能力がもし、本当にあるなら、未解決の事件を解決してください!と言いたくなるところですが、

 

 

「超能力は使えるときと、使えないときがある」なんて言われたら、それまでですよね。

 

 

ローリーさんの超能力や透視が、本物インチキなのか、どちらも証拠はないので、

 

 

やはり最終的には信じるか信じないかは自分次第ということになりますね。

 

 

人は超能力に直面するとこんなリアクションをとる

 

あるコーヒーショップで「超能力ドッキリ」を仕掛けると、とんでもないことに!

 

 

YouTubeで5000万回以上再生された動画をご覧ください。

 

 

以上、どないやねん通信 のりょうちゃんでした!

 

関連記事 >> オーストラリアの超能力者ガブリエルの透視は本物なのかインチキなのか?【トリハダ】

 

超能力ドッキリが面白かった人は、この記事をFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です