オーストラリアの超能力者ガブリエルの透視は本物なのかインチキなのか?【トリハダ】

ガブリエル

超能力者ガブリエル・クロフツは死者の声を聞くことで犯人の名前を透視できる!?

 

9月15日放送のの「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」は❝信じる?信じない?トリハダ!世界の超能力捜査3時間SP❞ということで、

 

 

超能力者の特集みたいです。

 

 

今回は超能力者ガブリエル・クロフツさんについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

超能力者ガブリエル・クロフツとは!?

 

オーストラリアのパースを拠点に超能力者として活動しているガブリエル・クロフツさん。

 

 

ガブリエルさんは霊が送るメッセージを映像で見ることができる能力をもっており、

 

 

死者や霊と直接話ができるというのだ。

 

 

その能力を生かし、オーストラリアの警察に協力することもあるそうです。

 

 

数年前には、日本の「TVのチカラ」にも出演しており、知っている方もいるかもしれませんね。

 

 

今回は「トリハダ」ではオーストラリアで起こったある事件についてのことだそうですが、

 

 

現場に足を運び、そこで死者の声を聞き、犯人の名前をあてるというものらしいのですが、

 

 

なんとも信じがたいことですよね。

 

 

しかし、ガブリエルさんは過去に超能力や透視で事件を解決したという実績があります。

 

 

まぁ、どの程度で事件解決をしたと認められるのかがわかりませんので、

 

 

なんとも言えないところではありますが。

 

 

人間の隠れた力というものを信じたい反面、やはり胡散臭さがどうしても拭いきれません。

 

 

今回の「トリハダ」ではどのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。

 

 

人は超能力に直面するとこんなリアクションをとる

 

あるコーヒーショップで「超能力ドッキリ」を仕掛けると、とんでもないことに!

 

 

YouTubeで5000万回以上再生された動画をご覧ください。

 

 

以上、どないやねん通信 のりょうちゃんでした!

 

関連記事 >> 超能力者ローリーがモデルリンダ殺人事件を透視?嘘やヤラセ疑惑は?【トリハダ】

 

超能力ドッキリが面白かった人は、この記事をFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です