しろくまアイスの名前の由来や他のかき氷との違いは?【鹿児島県民熱愛 ケンミンショー】

a0002_008944

鹿児島ケンミン熱愛のかき氷「しろくま」は普通のかき氷と何が違う? なぜ「しろくま」と呼ばれるのか!?

 

9月18日放送の「秘密のケンミンSHOW」では鹿児島名物のかき氷(アイス)を紹介!!

 

 

「しろくま」は他のかき氷といったい何が違うのでしょうか!?

 

 

また商品名の「しろくま」という名前の由来とはなんなのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

鹿児島名物「しろくま」とは!?

 

「しろくま」とは、鹿児島県鹿児島市発祥のかき氷やアイスクリーム類のことです。

 

 

本来の姿は、かき氷の上に、練乳や果物や、こしあん、つぶあんなどをのせたものを、

 

 

喫茶店などの飲食店で販売されていました。

 

 

現在では工場などで製造し、カップに入れた状態や、棒状のアイスなどにして販売もされています。

スーパーやコンビニでも買うことができ、全国的にも知名度が高いですよね!

 

 

テレビにも取り上げられることがあり、「探偵!ナイトスクープ」や「水曜どうでしょう」「元祖!でぶや」などの番組で紹介されたりもしていました。

 

 

最近ではガイドブックにも載るほどの人気だとか。

 

 

「しろくま」の名前の由来とは!?

 

先ほど、「しろくま」の発祥地は鹿児島市と書きましたが、鹿児島市の「天文館むじゃき」というお店が発祥のお店らしいのです。

 

 

そのお店で「しろくま」は誕生したようですが、当初のしろくまは、かき氷の上にさくらんぼや干しぶどうを置いて、

 

 

そこに練乳をかけたものでした。

 

 

そのかき氷を上から見ると、シロクマのように見えたので「しろくま」と呼ばれるようになったそうです。

 

他にも説があって、練乳の入った缶にシロクマが描かれており、そこから「しろくま」となったというものです。

 

 

しろくまの評判

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

関連記事 >> 大阪弁(関西弁)で「あのね」は敬語ではない?【ケンミンショー】

 

「しろくま」大好きな人はFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です