ソマリアの海賊の闇のビジネス(チャット・カート)【世界まる見え】

a0800_001296

身代金だけではないソマリアの海賊の裏側ビジネス

 

世間では「ワンピース」というマンガが流行していますが、あなたは読んだことがありますか?

 

 

どんなマンガなのかというと、「海賊」のマンガなんですが、実はマンガの世界ではなく実際にも海賊というのは存在していて、

 

 

今回はその中でも、ソマリアの海賊について書きたいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

ソマリアの海賊とは!?

 

日本から遠く離れたアフリカの国「ソマリア」。

 

 

このソマリアで有名なものといえば・・・海賊なのです!

 

 

マンガや映画の世界ではなく、リアルなこの世界に海賊がいるといっても、

 

 

我々、日本人にとってはピンとこないかもしれません。

 

 

しかし、実際にソマリアにはたくさんの海賊が今日も獲物を探しに航海しているのです。

 

 

海賊のイメージとは、おそらく他の船を襲って、宝石や金塊などを奪い取るといったことを想像するかもしれませんが、

 

 

ソマリアの海賊はちょっと違います。

 

 

海賊とは冒険のような要素も含まれているように感じますが、実際の海賊というのは「ビジネス」として海賊をしているのです。

 

 

武器や船などもレンタルでき、まるで商売道具みたいな扱いなのです。

 

 

今ではソマリア経済も動かすともいわれているくらい海賊ビジネスは大金を動かしているのです。

 

 

海賊とはそれくらいお金を動かしているのが事実で、2005年から2012年の間にソマリア沖で海賊に身代金として支払われた金銭は、

 

日本円で約400億円を超えるらしく、大きなお金が動いているということです。

 

まさに海賊とは「ビジネス」なのです。

 

 

海賊ビジネスの裏側にある闇のビジネス

 

船を襲い、人質をとって身代金を要求する海賊ですが、

 

 

その裏にはこの海賊を利用したビジネスが存在するというのです。

 

 

海賊の船員の報酬というのは後払いらしく、船に乗っているときに必要なものなどは後で天引きされるみたいです。

 

 

つまり、ツケで買い物をするということになりますが、その価格が吊り上げられることに問題があるのです。

 

 

その中でも「チャット」と呼ばれる植物の葉があるのですが、海賊たちに人気のチャットも3倍ほどの値段に吊り上げられ、

 

 

ツケが高額になってしまい払うことができず、海賊をやめることができないという状況になってしまうのです。

 

 

海賊というビジネスに付け込んだビジネスといったところでしょうか。

 

 

ビジネスがあるところに新しいビジネスができるとどこかで聞いたことがありますが、

 

 

ソマリアの海賊も例外ではなかったようですね。

 

 

みなさんもくれぐれもツケや借金には気をつけてくださいね(^^)

 
以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

関連記事 >> ルーマニア地下帝国のHIVとジャンキーたちとは?【地下都市の画像】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です