ルーマニア地下帝国のHIVとジャンキーたちとは?【地下都市の画像】

a0790_000197

ルーマニアの地下都市は結核やエイズ患者やジャンキーだらけ!?

 

世界各国には、「地下都市」「地下帝国」と呼ばれる、地下での空間で生活などを送っている人たちがいますが、

 

 

ルーマニアの地下都市はすごい状態だというのです。

 

 

ルーマニアの驚くべき「地下帝国」とはいったいどんなところなのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

病気やジャンキーだらけの地下帝国

 

あなたルーマニアという国を知っていますか?

 

 

名前くらいは聞いたことあるかもしれませんが、その多くは知らないのではないでしょうか?

 

 

今回紹介するのは、ルーマニアの首都ブカレストの地下に「地下都市」と呼ばれる場所があるのですが、

 

 

その地下都市に住む人々は、HIV感染者や結核という病気を患っている人たちばかりで、

 

 

地上の世界とはどうやら一線があるように感じられます。

 

 

また、ほとんどがジャンキーということで、もはやそこは穏やかで美しいブカレストの街とはかけ離れているようです。

 

 

地下帝国とはどんな場所!?

 

地下帝国と聞けば、おそらくそれなりの広さがあると想像するかもしれませんが、

 

 

そんなこともなく、むしろ通路は人ひとりが通るのがやっとなくらい狭いのです。

 

 

地下帝国2

 

地下帝国の中も狭いのですが、 更に狭いのが地下帝国への入り口。

 

地下帝国

 

この地下帝国には「ブルース・リー」と呼ばれているボスがいるのだが、

 

 

名前からして強そうな男ですが、全身傷だらけで見た目もいかついのですが、(上の画像の地下に入ろうとしている人)

 

 

地下の住民からは親しまれていて、猫や犬などのペットも飼っていて、動物にも優しいボスなのである。

 

 

なぜ地下帝国に住んでいるのか!?

 

チャウチェスク大統領の時代に、「子供を4人生む」という政策をとったようですが、

 

 

当時のルーマニアは、自国農産物を輸出ばかりする政策により国民が貧しくなる一方で、

 

 

子供を養っていく余裕がなくなり、我が子を捨てる親が増えてしまいました。

 

 

捨てられた子供たちは、行き場を失い、路上生活や地下帝国の住民となっていくのです。

 

 

ボスのブルース・リー自身も生後間もなく親に捨てられ、施設で暮らしていたようです。

 

 

これから先、地下帝国はどのように変化していくのでしょうか。

 
以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

関連記事 >> ソマリアの海賊の闇のビジネス(チャット・カート)【世界まる見え】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です