盛岡名物じゃじゃ麺の人気のレシピや作り方は?【白龍(パイロン)の通販】

岩手県盛岡の名物のじゃじゃ麺のレシピや作り方を紹介!!

 

岩手県の盛岡といえば、三大麺「わんこそば」「冷麺」そして・・・「じゃじゃ麺」!!

 

 

といっても、わんこそばや冷麺は知っているけど、「じゃじゃ麺」って何??

 

 

と思っている人も少なくないはず・・・

 

 

そこで今回は盛岡名物「じゃじゃ麺」についてや、レシピ通販情報を紹介したいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

「じゃじゃ麺」とは!?

 

ジャージャー麺は知っているけど、盛岡じゃじゃ麺って??

 

 

そう思っている人もいると思いますが、実は僕もそのひとりです(;´∀`)

 

 

ラーメンやうどん、そばといった麺類が大好きな僕なので、はじめてじゃじゃ麺というものの存在を知ったとき、

 

 

気になって仕方がありませんでした!(笑)

 

 

そこで、早速ネットで調べてみると、なんだかうどんのようなジャージャー麺のような食べ物の画像を発見しました。

 

盛岡じゃじゃ麺って、ただの冷やしうどんではないのか・・・

 

 

と、一瞬頭をよぎったのですが、次に注目したのは麺の上にある「茶色い物体」。

 

 

ジャージャー麺とも似ているが、いったい何が違うのだろうか!?

 

 

更に調べていると、Wikipediaには次のように記されていました。

 

盛岡じゃじゃ麺(もりおかじゃじゃめん)は、岩手県盛岡市でわんこそば、冷麺と並んで「盛岡三大麺」と称される麺料理の一つ。

戦前、旧満州(現在の中国東北部)に移住していた(後の「白龍(パイロン)」の初代主人である)高階貫勝が、満州時代に味わった「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を元に、終戦後の盛岡で日本の食材を使って屋台を始め、そこで盛岡人の舌にあうようにアレンジをくりかえすうちに、「じゃじゃ麺」としての独特の形を完成させたといわれる。

中華麺とは異なり、じゃじゃ麺用の平たいきしめんかうどんのように感じられる独特の麺に、特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけ、好みに合わせてラー油やおろしショウガやニンニクをかけて食べる。

麺を食べ終わった後の器に、卵を割り肉味噌を加え、茹で汁を注いでかき混ぜたスープを「鶏蛋湯(チータンタン)」と言う。

多くの場合、客が注文を出してから生麺を茹で始める形式であり、(立ち食い蕎麦などと比較して)調理に時間を要する。 盛岡周辺を中心とした岩手県で食べられている郷土料理であり、専門店も存在する。専門店の中には、じゃじゃ麺の地方発送サービスをしている店もある。

じゃじゃ麺と同じく、中国の炸醤麺に起源を持つチャジャンミョンが国民食となっている韓国で、毎年4月14日に恋人がいない男女がジャージャー麺を食べるブラックデーという風習にならい、盛岡でも近年「じゃじゃ麺 in黒(ブラック)デー」なるイベントが開催されている。

引用 : Wikipedia

 

なるほど、ジャージャー麺に似ているのは、元祖はジャージャー麺だからなのか。

 

 

ジャージャー麺はそのままでもおいしいと思いますが、盛岡の人たちにとってはあまり口に合わなかったのでしょうか。

 

 

じゃじゃ麺の麺もアレンジされており、うどんのような麺を使うみたいですが、

 

 

これも盛岡の人に合わせたものなのでしょう。

 

 

茶色い物体は特製の肉味噌ということですが、これもジャージャー麺との違いのひとつだと思われます。

 

 

そして、じゃじゃ麺の元祖の店が白龍(パイロン)というお店らしいです。

 

 

白龍のお店の様子が下の動画なのですが、麺を食べ終わった後に、卵とスープで作る「ちいたんたん」が卑怯なほどおいしそうです!!

 

 

「ちいたんたん」にごはんを入れてもおいしそうですよね(*´ω`)

 

 

想像しただけでお腹が減ってきましたが、盛岡に行く機会があったら、

 

 

わんこそばや冷麺より、じゃじゃ麺を真っ先に食べることを決断してしまいました。(笑)

 

 

しかし、関西在住の僕にとっては岩手県というのは気軽に足を運べる距離ではありません。

 

 

そこで便利なのが通販なのですが、元祖盛岡じゃじゃ麺のお店「白龍」のじゃじゃ麺も通販で買うことができるみたいなので、

 

 

じゃじゃ麺というものを一度は食べてみたいという遠方の方は下記のリンクよりお取り寄せすることができます。

(楽天市場の販売ページに移動します。)

 

 

Twitterの声

 

 

じゃじゃ麺のレシピ

レシピといっても麺を湯がいて、具材などを麺にのせ、よくかき混ぜるだけなのですが、

 

 

下の動画では実際に作って食べるところまで説明されていますので、

 

 

動画を一通り見てもらえれば、ばっちりだと思いますので、

 

 

家でじゃじゃ麺を作ろうと思っている人は参考にしてみてください(^^)

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

じゃじゃ麺がおいしそうと思ったらFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です