2014年紅白歌合戦の司会者は嵐と初の吉高由里子(画像)!※プロフィール

吉高由里子2

今年の年末の第65回NHK紅白歌合戦の司会者は5連続の嵐と初の吉高由里子(よしたかゆりこ)!!

 

毎年の年末恒例のNHK紅白歌合戦ですが、その司会者がどうやら吉高由里子さんに決まったようです!

 

 

今回初の紅白歌合戦の司会者をつとめる吉高由里子さん。

 

 

そんな吉高由里子さんについて紹介したいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

吉高由里子のプロフィール

 
名前 : 吉高由里子(本名は非公開)

 

生年月日 : 1988年7月22日(現在26歳)

 

出身 : 東京都

 

身長 : 158㎝

 

血液型 : O型

 

職業 : 女優
 

 
吉高由里子さんは中学生時代からモデル活動としていて、高校生の時に原宿でスカウトされ、

 

 

「ウィルコーポレーション」に所属することになりました。

 

 

ちなみに佐藤健さんをスカウトした人と同じ人にスカウトされたようです。

 

 

中学生からモデルをしていたということで、若いころから人前に出る仕事をしていたようですね。

 

 

そして2006年には映画「紀子の食卓」でデビューを果たし、さらに第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞したのでした。

 

 

そして最近ではNHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインを演じ、注目を集めました。

 

 

そんな今ブレイク中の吉高由里子さんですが、意外な一面もあるようです。

 

左利き。
 
趣味は絵を描くことと、音楽鑑賞。
 
好きな洋服ブランドは、moussy、PAGEBOY。
 
好きな色は、黒色や濃い紫色。
 
好きな映画はスタジオジブリの作品。中でも『天空の城ラピュタ』が好き。
 
高校時代は、2年生から通信制の学校に通っていた。クラスメートは少なく、先生との一対一での授業。
 
尊敬する映画監督は、『紀子の食卓』で一緒に仕事をした園子温。
 
広島弁と大阪弁を自在に操れる。父親は広島の出身。家で作るお好み焼きは“広島風”。
 
好きな男性のタイプは、明るい人、家族を大事にする人、ちょっと気持ち悪い人。
 
『あたし ゆりりんともゆりしーとも 呼ばれたことないからね』とツイートで否定。
 
役が決まるたびにもう数年後には女優を続けていないのではないかと思うほど深く悩むと語っている。
 
2009年からファッション雑誌JILLEにて、毎月何かに挑戦する『吉高補完計画』に出演。『連載史上、一番難しかった』のは、押し花。
 
銀色夏生は、2000年4月6日に娘(カーカ・当時小2)が通う小学校に用事があった際、新入生のお世話をする吉高由里子(当時小6)をたまたま見かけ、彼女の振る舞いに一目惚れ。その後彼女を探し「写真を撮らせて欲しい」と手紙を送り、家の前や近所の公園で写真を撮らせてもらった。その時の写真は詩集「バイバイまたね」に掲載された。その後芸能界で活躍した吉高が当時の少女だとは、友達に教えてもらうまで気づかなかった。
 
映画『真夏の方程式』で共演した杏とは仲が良く、互いに「由里ちゃん」「杏ちゃん」と呼び合っている。
 
CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた。
 
柴咲コウとは『ガリレオ』で共演するずっと前から親交があり「友達」である。互いに「由里子」、「コウちゃん」と呼んでいる。
 
好きな食べ物=辛いもの、にんにく

引用 : Wikipedia

 

どうでしょうか!? 初めて知ったことも多いのではないでしょうか。

 

 

個人的にはあまり吉高由里子さんのことを知らなかったのですが、

 

 

これらのことを知って少し親近感がわきました!(笑)

 

 

紅白歌合戦の司会は初めてだということですが、頑張ってもらいたいですね(*´ω`)

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

【最新記事はこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です