宮内駅(フラワー長井線 山形 )のうさぎ駅長もっちぃと松山愛さんの夢

鉄道の駅にミニ動物園をつくるのが松山愛さんの夢

002l

 

山形県を走る単線鉄道「フラワー長井線」。

 

フラワー長井線の利用者は年々減り続け、赤字は増える一方で、

 

フラワー長井線は廃線の危機にあった。

 

そんな状況で新入社員として働くことになった松山愛さん。

 

松山愛さんは農業高校を卒業して、働くことになったが、

 

実は彼女は鉄道のことなんかぜんぜん知らなかったらしい。

 

面接のときには「鉄道の駅にミニ動物園をつくること」が夢だと答えた松山愛さん。

 

そして夢のために行動していって、目につけたのは、なんと真っ白なうさぎ。

 

宮内駅近くにある熊野大社では「白ウサギを見つけると幸せになれる」といわれていて、企画が採用された。

 

うさぎは松山さんが母校から譲り受け、勤務時間外の面倒は松山さんが自宅で見ているそうだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です