PM0.5の症状と影響は?日本でマスクの対策で予防はできる!?

1618671_394029080734723_1415465158_n

PM2.5より害のあるPM0.5とは!?

 

 

中国の北京がPM2.5の影響で街が真っ白になっている映像をあなたも見たことがあると思いますが、

 

 

最近ではそのPM2.5より厄介なPM0.5というものが話題になっています。

 

 

PM0.5とは一体なんなのでしょうか?

 

 

PM2.5とPM0.5は何が違うのでしょうか??

 

スポンサーリンク

PM2.5とは??

 

エアロゾルと呼ばれる空気中に浮かんでいる小さな粒子のうち、

 

 

粒径2.5μm(マイクロメートル,ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子のことがPM2.5と呼ばれているものです。

 

 

PM2.5は日本では「微小粒子状物質」とも呼ばれていますが、

 

 

日本以外では該当する言葉がなく直接PM2.5と呼ばれています。

 

 

大気汚染の原因となる可能性はありますが、汚染物質そのものの名称ではなく、

 

 

太古の昔から一定量は地球上のどこの大気にも存在していたと言われています。

 

 

ではなぜ中国でここまで問題になっているのでしょうか?

 

 

要因としては、中国で発生しているPM2.5等による大気汚染は、

 

 

工場が中国国内で取れる安価な石炭を十分な環境設備を持たないまま燃やしている事が考えられています。

 

 

更に人口の増加と共に、自動車の排気ガスが増えたことにも原因があるようです。

 

 

PM2.5はとても小さく、肺の奥まで入りやすくということで、肺癌や呼吸系・循環器系への影響をあたえてしまうしまうのです。

 

601933

 

 

PM0.5とは一体??

 

 

カンのいい人は気づいていると思いますが、PM2.5の「2.5」とは2.5μmという大きさを表しているのです。

 

 

ですのでPM0.5とはPM2.5より更に小さい粒子ということになります。

 

 

 

 

中国の復旦大学・研究チームは「PM2.5以上に人体に危険を及ぼす物質」と警告しています。

 

 

大気汚染を研究する工学院大学の坂本哲夫教授によると、

 

 

0.5マイクロメートル以下でスギ花粉の60分の1、黄砂の8分の1という超微細な物質だということです。

 

 

また超微粒のPM0・5は肺の内部の気管支も通り抜け、血液中の二酸化炭素を酸素に交換する肺胞にまで侵入し、。

 

 

血液に流入し心臓や弁などで疾病を引き起こす恐れがあるそうです。

 

 

PM0.5の対策としては、PM2.5対策と同様に外出するときにはマスクを着用することでしょう。

 

 

下の写真は北京に住んでいる友人の、一週間使ったマスクの写真です。

 

1922117_391996470937984_1030545523_n

 

 

もしマスクをしていなかったと考えるだけで、ぞっとしますよね。

 

 

マスクをするのとしないのではかなり違いがでてきそうですね。

 

 

これから日本にもどれくらいPM0.5の影響がでるかわかりませんが、備えあれば患いなしです。

 

 

ただマスクを買うときに注意しないといけないのが、PM0.5に対応しているかどうかということ。

 

 

PM0.5はPM2.5より粒子が小さいため、PM2.5対応のマスクだからといってPM0.5に対応しているとは限りません。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

 

この記事があなたの役に少しでも役に立ったならFacebookTwitterで共有してくれるとめっちゃ嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください