ホタル(蛍)観賞時期はいつ?おすすめの場所や穴場スポットは?【関西編】

a0003_000049

 

蛍が見ることができる時期は?人気のスポットは?

 

 

今年もホタルの時期がやってこようとしていますが、

 

 

あなたは毎年ホタルを見に行ってますか?

 

 

おれはホタルが好きで毎年のように見に行ってますが、

 

 

ホタルって大きく分けると2種類いるのは知ってましたか?

 

 

おれはあんまり種類とか気にしないでホタル観賞を楽しんでいたのですが、

 

 

「 ゲンジホタル」と「ヘイケホタル」の2種類がいるそうです。

 

 

名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、その違いを知っている人は多くはないのでは?

 

 

ていうわけで、まずはその2種類のホタルの違いについて簡単に説明しますね(^^)

 

スポンサーリンク

 

ゲンジホタルとは?

 

 

まず「ゲンジホタル」という名前の由来ですが、

 

 

いくつか説があるみたいですが、一つは腹部が発光することを、紫式部の源氏物語の主役「光源氏」にかけた事に由来し「ゲンジボタル」と名づけられたというものです。

 

 

また、後に違う種類のホタルに、源氏と対比するとして、「ヘイケボタル」と名づけられた。

 

 

源氏が勝った歴史的背景から、体の大きい方を「源氏」、相対するほうを「平家」と呼んだという説があります。

 

 

ゲンジホタルは他のホタルよりもやや体も大きく、光の明かるさもヘイケホタルよりも明るいので、

 

 

一般的に「ホタル」といえば、このゲンジホタルのことを指します。

 

 

意外と知られていないのは、ゲンジホタルは西日本と東日本と発行のパターンが違うのです。

 

 

同じゲンジホタルなのに不思議ですよね( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

ヘイケホタルとは?

 

 

ゲンジホタルの名前で説明したように、歴史的背景から源氏と平家からヘイケホタルと呼ばれているみたいです。

 

 

ゲンジホタルに比べると光も弱く、体も小さいため、ゲンジホタルより人気がある要素はないのですが、

 

 

場所によっては9月ごろまで見れますので、ひと夏中見れるといったメリットもあります。

 

 

ただ最近では数が激減し、ヘイケホタルを見ることができる場所も減ってきています。

 

 

 

 

 

ホタルを見ることができる時期は?

 

 

ゲンジホタルの観賞時期は5~7月、ヘイケホタルは6~8月が一般的だといわれていますが、

 

 

場所や気候によっても変わるので、目安として考えてください。

 

 

おれはいつも梅雨が明けたくらいに見に行ってます。

 

 

ただし、大雨の後などは川が増水していて、ホタルがぜんぜんいない場合もありますので、

 

 

ホタルを見に行くときは数日雨が降っていないときのほうが見れるかもしれません。

 

 

あとホタルがいる場所っていうのは水がきれいな山奥がほとんどなので、

 

 

蚊や蜂などの、防虫対策も忘れずに!(長袖、長ズボン、サンダルを履かないなど)

 

 

特に小さなお子さんがいる人は、暗いのでお子さんからは目を離さないように気をつけてください。

 

 

 

おすすめホタルスポット

 

南大阪 山中渓

 

 

 

住所 : 大阪府阪南市山中渓

 

アクセス : 【電車】JR阪和線山中渓駅からすぐ 【車】阪和自動車道・ 阪南ICから5分、泉南ICから10分

 

駐車場 : 30台~40台(無料)

 

 

地元の有志と「自然再生は火垂から」をテーマに活動するNPOホタル燦燦会が、FFCテクノロジーを使って川の水を改善し、ホタルを呼び戻す活動が行われている。川辺ではゲンジボタル、周辺の並木道では陸生のヒメボタルと2種類のホタル観賞が楽しめるのも山中渓の大きな魅力。

 

 

 

京都 哲学の道

 

 

 

住所 : 京都市左京区浄土寺石橋町(銀閣寺橋〜若王子神社までの疎水沿い)
アクセス: 京都駅より市バス17系統他「銀閣寺道」下車 徒歩5分

 

若王子神社~銀閣寺橋までの約2kmにわたる疏水沿いを源氏蛍(ゲンジボタル)、平家蛍(ヘイケボタル)が舞う。

 

 

 

奈良 ほたる公園

 

 

 

住所 : 奈良県宇陀市菟田野下芳野1283-1

 

アクセス : [車]大阪方面からR166新松井橋交差点より左折して約700m。[電車]近鉄榛原駅より奈良交通バス菟田野行き「松井橋」下車、徒歩約20分。

 

駐車場 : 20台

 

宇陀市菟田野地区を流れる芳野川の上流一帯では、のどかな水田地帯に蛍を観ることができる。清らかな川沿いにある「ほたる公園」では、雨上がりの蒸し暑い日に、光を放ちながら飛び交う蛍に会える可能性大!マムシが出没することがあるので、くれぐれも気をつけて観賞を。

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

きれいなホタル観賞を楽しんでください(^^)/

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

 

この記事があなたに少しでも役に立ったならFacebookTwitterで共有してくれると嬉しいです(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください