マダニに刺されたらウイルス性感染症で死亡することも!?症状や対策は?【殺人ダニ】

madani03_img03
引用 : http://www.bayer-pet.jp/pet/

 

驚異の殺人ダニ

 

 

あなたはダニに噛まれたことはありますか?

 

 

犬や猫なんかを飼っている家庭だと、比較的ダニに噛まれる可能性が高いかもしれませんね。

 

 

ペット飼っていなくても、もちろんダニに噛まれる可能性はありますが、

 

 

噛まれるとかゆくてかゆくてたまりませんよね( ゚Д゚)

 

スポンサーリンク

そんな身近なダニですが、ここ最近ダニが原因で死亡したということを、

 

 

ちょくちょく聞くようになりました。

 

 

「おいおい、ダニなんかで死ぬかよ!」

 

 

と思っているあなた!

 

 

おれも最初はあまり信じられなかったけど、どうやらダニに噛まれることによって、

 

 

ダニが持っているウイルスで感染症になってしまうことがあるらしい。

 

 

これは「ダニ感染症」と呼ばれている「重症熱性血小板減少症候群」のことのようです

 

 

実際にこのダニ感染症で死亡した例もあります。

 

 

国立感染症研究所(東京)は29日、マダニを介して感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスが、患者発生報告のなかった中部地方などのマダニからも見つかったと発表した。

同ウイルスにはこれまで西日本13県で39人が感染、うち16人が死亡している。

同研究所は5月から、山口大や岐阜大などと、捕獲したマダニの遺伝子や動物の血液を分析、ウイルスの保有状況や感染歴を調べた。

その結果、ウイルスを保有するマダニが、患者発生の報告がない山梨や静岡、福井、和歌山の4県で見つかった。福岡、長野、和歌山の3県ではシカに、香川県ではイノシシに、三重、富山、岐阜、香川の4県では猟犬に、初めて感染歴がある動物が見つかった。

同研究所は、草むらなどを歩く際は肌の露出を避けマダニにかまれないよう、注意を呼びかけている。

 

 

中国で初めて報告されたダニを介して感染する感染症ですが、

 

 

原因のダニは、「マダニ」という、ダニのなかのダニというようなダニです。

 

 

マダニは家にいる「チリダニ」とは違って、野山なんかに生息しています。

 

 

マダニは日本中に分布し、春から秋に活動が活発になりますので、

 

 

これから登山やハイキングをしようと思っている人は注意してください!

 

 

ちなみに噛まれると下の動画のようになるようです。

 

 

(見るだけでかゆくなるので閲覧注意)

 

 

 

 

マダニに噛まれないようにするには??

 

 

一番の予防策はマダニのいるような場所には行かないということです。

 

 

先ほど言ったように、マダニは野山などに生息しているので、

 

 

そういった場所をさけることでマダニに噛まれる可能性はぐっと低くなるはずです。

 

 

でも中にはアウトドアが好きで山などによく行く人もいるはずです。

 

 

(おれもそうですが)

 

 

そういった人は、まず、皮膚の露出は極力少なくするというのが大事です。

 

 

半袖や短パンなどは着用せず、露出しやすい首にもスカーフやタオルを巻くなどの対策が効果的です。

 

 

更に防虫スプレーや、虫よけリングを使うことによってリスクを低くすることができます。

 

 

ダニ感染症(重症熱性血小板減少症候群)の症状

 

 

SFTSウイルスに感染すると、6日から2週間の潜伏期間(感染から発症までの期間)を経て、発症します。

 

 

症状は下記のようなものがありますが、インフルエンザなどと似た症状もありますので、

 

 

自己判断はせずに、専門医に診察してもらうことをおすすめします。

 

 

  • 発熱
  • 食欲低下
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 下血などの出血症状

 

 

といった症状がみられます。

 

 

もし、ハイキングなどで野山に入った後、このような症状がでた場合、

 

 

重症熱性血小板減少症候群の可能性がありますので、

 

 

お医者さんにいったほうがいと思います。

 

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

 

マダニの恐さをあなたの周りにも伝えるためにFacebookTwitterで共有してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください