大砂嵐が断食。2014年のラマダンはいつ? そもそもラマダンって何??

イスラムの断食月ラマダン

a0800_000374

相撲の大砂嵐が2013年の大相撲名古屋場所の途中から「ラマダン」に入ったのだが、多くの日本人は訳がわからないと思う。

 

なのでこの記事でラマダンについて書こうと思う。

 

にしてもラマダン中の相撲とかきついやろな。

 

今年のラマダンのときもきついやろうけど大砂嵐を応援したいと思います。

 

ちなみに今年2014年(イスラム歴1435年)のラマダンは6月28日から7月27日となっている。

 

ラマダンとは後で詳しく説明するが、イスラム教の行事で断食しないといけない月があるのです。

 

大砂嵐はエジプト出身でムスリム(イスラム教徒)なのだ。

 

ムスリムとして初の大相撲力士であり、国内はもちろん、海外からも注目を浴びている。

 

もちろん日本にいてもムスリムには変わりがないので、イスラム教のしきたりは守らなくてはならない。

 

そのしきたりのひとつにラマダン(断食月)というものがある。

 

 

 

ラマダンって??

 

 

イスラム暦における第9の月に断食を行う期間のことをいいます。

断食といっても、その期間一切なにも飲食するわけでもない。(そんなことしたら死んじゃう)

 

ラマダンの期間中の日の出から日没までの間は一切の飲食が禁じられている。

 

暑くて喉が渇いても水を飲んだり、お腹が減ってもおやつは食べたりできない。

 

なのでラマダン中は殺気立ってる人が多いとか。(笑)

 

もちろん病気の人や妊婦さんなんかは免除されるらしいけど、厳しい国だと唾すら飲んではいけないらしい。

 

まぁ、国によって厳しさが違うから、国によっては緩かったりする。

 

おれもラマダン中にキルギスという国にいたことがあるけど、みんな普通にごはん食ってたし。(笑)

 

でもアラビアや中東のほうは比較的厳しく、日中は飲食店やスーパーなどは店を閉めている。

スポンサーリンク

 

なので、もしあなたがイスラムの国に行くことを考えてるならラマダンの時期を知っておかないと、お腹が減っても夜になるまでごはんを食べれなくなるかもしれないので、行く前に必ず確認しておいたほうがいい。

 

ラマダンの時期はイスラム歴で決まっているので西暦では毎年違う日になるので注意。

 

ちなみに今年(2014年)は6月28日から7月27日まで。

 

 

このあたりで旅行を考えてる人は気を付けてね。

 

 

ラマダン時の一般家庭↓

 

 

めっちゃうまそう!!(ジュルリ)

 

こんなん見てたら腹減ってきたわ!(笑)

 

腹減りまくった後のごはんは格別にうまいやろな!

 

 

ラマダンの意味は?なぜ断食をする?

 

一言で言うならイスラム教の教典「コーラン」に書かれているからです。

 

コーランには次のようなことが記されてます。

 

信仰する者よ、あなた方以前の者(キリスト教徒やユダヤ教徒たち)に定められたように、あなた方が主を畏れるように、あなた方に、斎戒(断食)が定められました。

 

おれはイスラム教徒じゃないので細かいことはわかりませんが、神様が断食しろっていうのなら私たちは断食しますってことであろう。

 

関係ないかもしれんけど、断食は体にいいってきいたことがある。

 

ラマダンには何か健康的なメリットがもしかしたらあるのかもしれない。

 

それと、これはおれの憶測やけど、空腹というものを味わって貧しい人の気持がわかるようになったり、普段ごはんを食べることができていることに感謝の気持ちを抱かせているのかもしれない。

 

 

 

ん~。 どうやろな。(笑)

 

 

大砂嵐はどういうことを思ってラマダンに臨んでいるのか。

 

空腹で相撲とかきついやろなー。

 

ラマダンって言葉は日本ではあまり知られてないけど、大砂嵐のおかげで少し注目を集めたのかもしれませんね。

 

おれはいろいろなイスラムの国へ行ったことがあるのでたまたま知ってましたけど。

 

この記事を読んでラマダンというものが少しでもわかったかな?

 

 

 

 

 

ではではこのへんで。

 

ほなまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください