ハクモクレン(白木蓮)の花言葉

スポンサーリンク

ハクモクレンってどんな花

a0960_001488

 

まいど!

どないやねん通信のりょうちゃんです!

 

 

 

今回はハクモクレンについての記事になります。

 

ハクモクレンの名前の由来なんですが、かつては花がランに似ていることから木蘭(もくらん)と呼ばれていましたが、現在はランよりもハスの花に似ていることから木蓮(もくれん)と呼ばれるようになりました。

 

モクレンにも花が紫色のサラサモクレンというのもあります。

 

開花時期は3~4月で、原産地はお隣の中国。

 

日本以外にもヨーロッパなどでもみることができる。

 

ちなみにモクレンは北朝鮮の国花でもある。

 

 

 

 

ハクモクレン(白木蓮)の花言葉

 

 

ハクモクレンの花言葉なんですが

 

 

 

「尊敬」

 

「自然な愛情」

 

「恩恵」

 

「高潔な心」

 

「自然への愛」

 

 

 

なんかハクモクレンのイメージ通りの上品なイメージ(*´Д`)

 

今まであんまりハクモクレンを意識して見たことはなかったけど、花言葉を知ってしまったら余計に上品に見えてしまうんやろうな。

 

ハクモクレンとよく似ている「コブシ」というのもあるから、間違いやすいけどね。

 

 

 

そして、いつものように動画を貼っておきますね。

 

画像より動画のほうが臨場感があって。よりきれいに見えると思うので(*´ω`)

 

動画は岐阜市の林陽寺のハクモクレンです↓

 

 

 

 

 

どうでした?

 

桜もきれいですが、ハクモクレンだって負けずにきれいやと思いません??

 

 

 

・・・ おれだけですか( ゚Д゚)?

 

 

 

 

 

ではでは、このへんで!!

 

ほなまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください