ランディージョンソンの球速って?鳥(鳩)に直撃!?最速160キロオーバー!

伝説のメジャーリーガー「ランディージョンソン」とは?

 

a0050_000110

 

ランディージョンソンこと、ランドール・デイヴィッド・ジョンソン(Randall David Johnson )は、MLBの元選手。

 

日本でも知名度の高い伝説的なメジャーリーガーである。

 

彼の剛速球はあまりに有名であり、アメリカでも大人気だった。

 

 

 

ランディージョンソンがプロになるまでは?

 

 

彼の出身はアメリカのカリフォルニア州ウォールナットクリーク出身で、6歳のときから野球をはじめた。

 

8歳のときに、リトルリーグのオーディションを受けたが、年齢詐称していると思われるほど、体が大きかった。

 

今では208㎝とかなり長身である。

 

1982年のMLBドラフトでアトランタ・ブレーブスから契約金48,000ドルを提示されるが、

 

ランディージョンソンの父に、「今プロに行っても将来的な保証が何もない」と言われ、

 

大学へ進学し、2年生までは野球とバスケットボールをしていたが、3年生から野球に集中するようになった。

 

身長も高かったので、もしかしたらバスケットボールを続けていたら、有名な選手になっていたかもしれない。

 

そして、1985年のMLBドラフトでモントリオール・エクスポズから指名を受けて入団することになった。

 

 

 

完全試合達成

 

 

完全試合(パーフェクトゲーム)を達成したメジャーリーガーは128年間で16人しかいなかったが、

スポンサーリンク

 

ランディージョンソンは、2004年5月18日のブレーブスとの試合で、17人目となる完全試合を達成した。

 

ちなみに残りの16人は下記のとおりである。

 

 

ジョン・ウォ-ド 1880年

ジョン・リッチモンド 1880年

サイ・ヤング 1904年

アディー・ジョス 1908年

チャールズ・ロバートソン 1922年

ドン・ラーセン 1956年

ジム・バニング 1964年

サンディー・コーファックス 1965年

キャットフィッシュ・ハンター 1968年

レン・バーカー 1981年

マイク・ウィット 1984年

トム・ブローウィング 1988年

デニス・マルティネス 1991年

ケニー・ロジャース 1994年

デビッド・ウェルズ 1998年

デビッド・コーン 1999年

 

 

ランディージョンソンの投げた球が鳥(鳩)を直撃!!

 

 

日本でも話題になったが、なんとランディージョンソンの投げた球が、たまたま飛んできた鳥に直撃したのだ。

 

これはもう奇跡というしかない!!(笑)

 

 

そんなランディージョンソンは日本でも大人気!!

 

 

そして、引退したランディージョンソンは、なんと今はカメラマンをやっているらしい。

 

野球との接点がないように思いますが、カメラは彼の趣味だったのでしょうか。

 

 

 

いつかまた、あの長身と独特のフォームから投げ出される、彼の球を見てみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください