若年性アルツハイマー病が発症する年齢は何歳から?早期発見で予防しよう!

若年性アルツハイマー病とは??

a0002_008024

 

アルツハイマー病というのはあなたも聞いたことがあるかもしれませんが、

 

 

若年性アルツハイマー病」というものを聞いたことがありますか?

 

 

若年性」という言葉で普通よりも若い段階のアルツハイマー病ということが想像することができますが、

 

 

どれくらいの年齢発症するのでしょうか。

 

 

一般的なアルツハイマー病というのは「老年性アルツハイマー病」よばれていて、

 

 

65歳以上の人がほとんどです。

 

 

では「若年性アルツハイマー病」というのは何歳くらいで発症するのでしょうか?

 

 

20代? 30代? 50代??

 

スポンサーリンク

若年性アルツハイマー病が発症する年齢って!?

 

 

「若年性」というからには、20代や30代を想像する人も多いと思いますが、

 

 

実は40代くらいから発症するものをいいます。

 

 

まぁ、65歳と比べてしまうと40代というのは若いかもしれませんが。

 

 

10代や20代の人が物忘れが気になりだして、

 

 

もしかしたら自分は「若年性アルツハイマー病」かもしれないと、

 

 

心配している人もいるかもしれませんが、

 

 

多くの場合ストレスなど原因みたいなので、あまり深刻に悩む必要はないかもしれません。

 

 

むしろ悩むことで、余計にストレスがたまり悪化させかねません。

 

 

しかし、40代を過ぎて、物忘れなどが多くなった人は要注意です!

 

 

では初期症状にはどういったものがあるのでしょうか?

 

 

 

初期症状で若年性アルツハイマーを病早期発見しよう!

 

 

アルツハイマー病といえば「物忘れ」というイメージがどうしてもあると思いますが、

 

 

物忘れだけが症状ではありません。

 

 

下記は若年性アルツハイマー病の初期症状の例です。あなたもチェックしてみましょう。

 

 

  • 仕事の能率が下がったり、台所での作業も要領が悪くなった。
  • 最近、ささいなことで怒りっぽくなった。
  • 頭痛、めまいなどの回数が増えた。
  • 周囲の人から自己中心的になったと言われることが増えた。
  • 脈略のない文章を書いてしまうことがある。
  • 通い慣れた道のはずなのに迷ってしまうことがある。

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

こころあたりがあったあなたは注意が必要かもしれません。

 

 

ただ、これらのことがあてはまるかといって、絶対に若年性アルツハイマー病だとは断言できません。

 

 

もしかしたら、うつ病などの違う病気の可能性もありますから、

 

 

一度専門医に相談することをおすすめします!

 

 

若年性アルツハイマー病について更に詳しいことは下の動画から見れます。

 

 

 

最後に

 

 

若年性アルツハイマー病を早期発見することによって、症状の回復や改善をできる可能性が高くなります。

 

「自分は大丈夫」と思っている人も、こころあたりがあるなら一度診察を受けることをおすすめします。

 

 

 

いつまでもあなたが健康でいれますように。

 

 

以上、どないやねん通信のりょうちゃんでした!

 

ほなまた(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください