桜の名所奈良の吉野で花見はどない!?

日本三大桜名所のひとつである奈良県の吉野山

imgstyle.info_574S

 

ちなみに残りのふたつは長野県の高遠城址公園、青森県の弘前公園である。

 

関西でも桜の名所はいっぱいあるけど、全国的に知名度が高いのはやっぱり奈良の吉野やろな。

あっ、別に俺が奈良県出身やからってえこひいきしてるわけじゃないで!

ほんまにほんまに。

 

じゃあなんでそんなに全国で有名かというと、やっぱりきれいというのは当たり前やけど、スケールがでかいということもあるやろな。

そして歴史がある!!

かつて豊臣秀吉も吉野に花見に来たことがあるくらい昔から有名やってん。

昔っからきれいやってんやろな。

なんせ吉野山には3万本もの桜の木がある。

 

吉野山に桜が多いのは、昔、桜が蔵王権現の神木であるとされていて平安時代から多くの桜が植えられるようになったらしい。

信仰によってここまで桜が増量!!

 

そしてこの3万本の桜のほとんどが白山桜という種類らしいが、俺はてっきり染井吉野(ソメイヨシノ)と思い込んでた!(笑)

 

あー はずかし・・・

 

でもおるやろ!?

吉野の桜=ソメイヨシノと思ってるやつ!!(そこのあんたや!)

俺以外にも絶対おる!絶対!!(笑)

 

 

でもなんでそんなややこしいネーミングにすんねんと思ってソメイヨシノの名前の由来ついつい調べてもうたわ。

 

 

 

なになに・・・

東京の植木屋が・・

 

 

ふむふむ・・

 

 

吉野桜・・・・

 

 

 

ふむふむ・・・

 

 

 

・・・あ~ なるほどねー!

 

 

簡単にいうと江戸時代、東京のある植木屋さんが品種改良した桜を売りたかったから名前をブランド力のある「吉野桜」とつけた。

でも、藤野寄命博士っていう人が「その名前やったら吉野の桜と紛らわしいやんけ!!」

と言いました。

なので藤野寄命博士は新たに名前をつけかえました。

 

 

 

 

「染井吉野」に。

スポンサーリンク

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや。改名してもぜんぜん紛らわしいやんけ!!
その証拠に俺も変な勘違いして生きてきてもうたやんけー!!!!

 

 

 

 

・・・ゴホン。少し取り乱してしまいました。

 

まぁ、そういうことです。吉野の桜は染井吉野じゃなくて白山桜ということです。

 

 

さてさて話がそれ気味になってましたがここからがお花見情報です。

吉野山なんですが見所は何ヶ所かあるんですが、大きく分けると麓のほうから下千本、中千本、上千本、奥千本という感じになってます。

ガッツのある人は下から歩いて登っていくのもありです。

俺も歩いて登ったことあるけど次の日は筋肉痛が・・・

筋肉痛大好きな人は下から登っていくことをおすすめします。

 

電車で行く場合は近鉄吉野駅が最寄り駅になります。駅の近くにケーブルカー乗り場があるのでケーブルカーに乗れば下千本はすぐです。

車でもところどころ駐車場はありますが、はっきりいって鬼のように混んでます。

道も渋滞しますので朝一到着する勢いで臨むのが理想と思います。

渋滞が大好きな人は昼頃に到着するようにすればばっちりです!

 

そして服装ですが吉野山は言うまでもなく山ですので曇っていたり陰に入ると少し肌寒いです。

靴はもちろん履き慣れたスニーカーなどがいいでしょう。

場所によっては道が荒かったり、滑ったりしますので。

思いっきり靴擦れしたいっていう人はお花見当日までに新品の靴を用意しておきましょう。

「お花見は捻挫することに意義がある」というたくましい女性の方は今お持ちのかかとが一番高いハイヒールでお花見に臨むことを強くおすすめします。

 

 

そして肝心な桜の見ごろですが、だいたい毎年4月上旬から4月下旬くらいです。

時期によってはライトアップもしているみたいなんで夜桜も楽しめるみたいです。

詳しいことはここでチェックしてください。

 

 

吉野山のイメージがわかない人は動画も見てってください。

 

 

あなたにとって良い花見になるといいですね。

ほなまた!!

 

 

最後まで読んでくれてありがとう(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください